話題のマワハンガーウルトラライトとは?

驚異の軽量ハンガー、マワハンガーウルトラライト

マワとは、ドイツで60年以上ハンガーを作り続ける老舗のハンガーメーカーです。機能性が高く、デザイン性も優れていることから、多くの人から熱烈な支持を受けています。

そのマワ社が新しく開発したのが、マワハンガーウルトラライトです。全体にノンスリップをつけて、襟を止めたいところでぴたりと止まるように設計されており、服にしわをつけないことが大きな特徴です。

また、マワハンガーウルトラライトは非常に細身なのも特徴となっており、クローゼット内のスペースを大きく節約することもできます。
また、重量も40gと驚異的な軽さとなっており、掛ける場所も選ばなくなっています。

特にシャツやブラウスと相性が良く、キャミソールや夏物の衣装にも相性がぴったりと言えます。

軽量でも、強度に優れて寿命も長いすぐれもの

マワハンガーウルトラライトの特徴は、軽量であることやデザインが優れていることだけでなく、強度が高い事も特徴です。これは芯の部分に使われるスチール材の恩恵によるものです。スチール材の導入は壊れず長持ちすることが性能や使い勝手の一部であると言う、設計思想が表れている部分でもあります。

強度が高いと重くなりがちで、スタイルも無骨になる事が多いハンガーですが、マワハンガーウルトラライトは非常に軽量でスリム、丈夫と性能とデザインの両面で優れているのです。ヨーロッパのデザインを身近に取り入れられることからも人気で、見えない所のお洒落として使う人っても、オープンスタイルで目立つところにかけても嫌味にならないのです。

色はシンプルなブラックとホワイトがあり、多色展開を積極的に行わない所もシンプルで使い勝手を重視する姿勢を感じさせます。

素材選びから環境に配慮し、人と地球にやさしい

フタル酸と言う物質は、プラスチック製品にはよく使われており、特に塩化ビニールに使われることが多い物質です。一方で、フタル酸は環境ホルモンとして影響があるのではと指摘されている物質でもあります。特に欧米は規制などが厳しく、1990年代の後半には、子供の口に触れる製品にフタル酸を使う事がドイツやベルギーで禁じられたことを皮切りに、多くの国で子供にとって身近な製品からフタル酸を遠ざける動きが活発化しました。

マワ社では2010年からフタル酸が入っていないハンガーを販売しており、子供の手が届かない製品であっても配慮を徹底しているのが特徴と言えます。

マワハンガーウルトラライトはそのDNAを確かに受け継いでおり、プラスチック部分も削減されていることから、環境評価も高い製品になっています。