マワハンガーの選び方(レディース)

女性物の衣類を意識してハンガーを決める事が大切

収納時に滑り落ちやすい衣類は女性物の服を傷める事になります。マワハンガーを使う事でキャミソールやワンピースなど普通のハンガーに掛けにくい衣類を綺麗に保つ事が出来るので、用途に合わせて選ぶ事も可能です。

収納するのが楽しくなる位の色選びも一つの手です。それを行う事で、クローゼットを開けた時に、綺麗に見えるだけでなく、取り出す衣類を探す時やしまう時にも楽しさを増す様に出来ます。

色々な種類のハンガーもあり、選ぶ時に少しインターネット上を探すのが苦労したり、面倒な場合にはサイズ別やレディース用の商品が発売されている事を知っておくと良いです。何が良くてどんな衣類を掛けておくと便利に使えるのかまで調べるといつもの収納が楽しくなります。

型崩れの心配もなく、特殊なコーティングにより滑りにくい様になっているため、デリケートな素材も安心して任せる事が出来ます。

種類も多数あるハンガーであり、ウエストサイズで選ぶ事も可能

エコノミック型やスカート型など女性の衣類に合わせたタイプもあります。これはどのハンガーを選んだらいいか分からない時の助けとなり、ウエストサイズから選べるのも重要です。実はシャツ、ブラウス、スカーフなど個別にハンガーの種類も分けられているので、使用用途に合わせた選び方が大事です。

ワンピースなどは割とギリギリのところに掛けていてもハンガー自体の滑らない機能性が助けてkくれるので、そこまでの広さは必要ありません。殆どの女性物の衣類は36センチで平気な様になっていますが、襟が少し広めの物に関しては大きめのサイズが用意されているので、そちらを使うのがお勧めです。これを知っておくだけで冬に使う衣類を綺麗に並べる事が可能であり、取り出すのも非常に楽です。

女性が選ぶなら自分で着る物だけでなく、洗濯物も意識したい

ブラウスやシャツを綺麗にする事が出来るハンガーであり、襟をきりっとするために重要な機能を備えています。襟元を綺麗にキープ出来るのも特徴なので、襟ぐりが広いワンピースなどにも最適なハンガーです。

「レディースライン」と言うタイプも発売されており、探す時には女性用がある事を覚えておくのが基本です。もちろん、洗濯物を干す時にはこのハンガーを使えば、滑らなくて済むので簡単に取り込む事も出来ます。襟の大きく開いたセーターなどは特に「レディースライン」がお勧めとなっているので、結果的には使用用途に合わせて考えるのが妥当です。

又、ニット、ブラウスなどを中心に使う事が出来るフック付きのハンガーもあります。そして、少し小さめの女性の服にはキッズタイプも最適となっており、使っている人も多数いるので、お勧め出来る品です。