マワハンガーの選び方(キッズ)

専用のハンガーもあるので、まずは調べて見る事が大事

マワハンガーの中にはキッズ用に作られている商品もあり、レディース用の商品がキッズに対応している場合もあります。

インターネットのショップサイトでは備考欄に「キッズ」の文字が書かれている事があり、選ぶ時の参考になります。フック回転式やフラットハンガーなど用途に合わせた説明もされているので、注意して読む事が大切です。

サイズから選べる場所もあるので、大体の肩幅から計算して、子供の衣類が掛けられる幅を選ぶのも大事です。スリムで薄いのが特徴となっており、ゴチャゴチャしている子供の衣類を片付ける時にも綺麗にまとまります。

専用のハンガーの名前は「キッズライン」と言うので、とても分かりやすく間違える心配もありません。基本的にはこの「キッズライン」が子供服を掛ける様に考えられた商品です。まずはこれを購入しておけば間違いありません。

ベストセラー商品なら初めて選ぶ時にも安心な機能性

タイプはエコノミックのキッズサイズであり、ベビー服から子供服などを掛ける事が可能です。このタイプは子供服を掛ける事が出来る最良の商品としてベストセラーにもなっており、使い心地も抜群なので、色々な人に人気の商品です。

可愛い洋服が可愛く収納出来るのも特徴なので、子供服を楽しく収納したい人にもお勧め出来ます。又、洗濯した後にそのままハンガーから外さずに収納しても問題がない位であり、子供服の様に柔らかめの素材を使っている場合でも安心して収納出来ます。

もちろん、型崩れも防ぐ効果のあるエコノミック30は多彩な色もあるので、子供服を彩るのにも役立ちます。そして、人気の高い商品となっているだけあり、子供がいる家庭へのプレゼントにも最適な品物です。

用途に合わせた選び方をするのが一番良い方法であり、得する

女性用としても使える子供用のハンガーは将来的にも失敗をしない得する買い方です。少し小さめの服ならキッズラインに掛けておけるので、単純に試しに買っても損をしないやり方です。基本的に子供用はサイズから選ぶのが最適ですが、上記に記載した通り、「キッズライン」と言う名が通っているので、これを目安に考えるのが得策です。

又、3本セット、12本セット、30本セットなど安く購入する歩方もあります。一つだけで購入する事も出来ますが、色などを考えてセット販売されています。自分で色を選ぶのが不得意であったり、親子でハンガーをおそろいにしたい場合には可愛く収納出来るため、お勧めとなっています。加えて、子供服の襟があるシャツなどの場合にはエコノミックの36センチが最適であり、パーカーなども掛ける事が可能です。